宝島の地図

私が良いと感じたものを見せつけるだけのブログです

川井キャンプ場メモ

奥多摩にある川井キャンプ場

学生振りの来訪でした。

 

・キャンプ場の感想

ロケーション○。(一面川

客層△。(学生が多い)

立地○。(駅近、都心から2時間)

他:釣り、渓流下り、BBQ(肉有り)可

デイキャンプ

河原利用 1名/600円 衛生管理費・税込

受付8:30〜15:00,利用時間8:30〜16:00

 

・道のり

9:30頃からゆるゆると行きはじめて、13時過ぎに到着。新青梅街道をしばらくズンズンと進んで行ったのだが、その間、別宅に荷物を取りに行ったり、コンビニ休憩(2回)を挟んだり、反対車線のスーパー(いなげや)で買出しをした。

新青梅街道は混雑しており、街並みも車で走っていて特に面白いと感じられる道ではない。別ルートをおすすめします。

それと、大通りであるにも関わらず駐車できそうなスーパーも見当たらないので、現地まで距離があったとしても見つけたところでサッと買ってしまった方がいいかもしれない。

都心から2時間とは、果たしてなんだったのか。

 

 

f:id:file0125:20180618193518j:image

 

・持って行かなくて困ったもの

サランラップ

余った食べ物を持ち帰るため

⑵木のボウル、プレート

紙皿は買ったけど結局使いませんでした

⑶調理台

整理すればイケるかもしれないけど、机では足りない

 

・他、気付き

⑴にんにく・マッシュルームは多めに持ってっても全然困らないし、うまい。

この日試したレシピだと、特に刻みにんにく・マヨネーズ・ブラックペッパーのホットサンドはシンプルにうまい。

⑵キャンプ用品のカラーリングは家族キャンプみたいになりがちなのである程度ベースカラーを決めたい。

推しは茶系、カーキ、ブラック。グレー、ネイビー等。単純に好きな色の組み合わせですが…。

⑶キッチン周りは妥協せず買っても長持ちするので後悔しないものにする。

故障しない限り衣服みたいにすぐヨレヨレになったりしないし、多分飽きない。

⑷この季節でも薄暗い天気だとティーシャツはさむいし、かわいいし、スウェットがいい。

⑸いつ出発するか事前に明確にしておくのが吉。

理想的なキャンプを行うには、椅子や机の設営から調理まですべてをテキパキと動かないといけない。しかし物事を計画通りに進める為に、あれをやりながらこれをやって…と色んなことを一度にしようとすると、せっかく作ったごはんも、目の前に広がる最高の景色も、きちんと味わえなくなる。

ぎゅうぎゅうに詰まるスケジュールに余裕を持たせるには時間が必要。時間とは、人々に平等に与えられたもの。

もっとのびのびと楽しむ為に、頑張って早起きしたい。

 

f:id:file0125:20180618203818j:image

 

・今後やりたいこと

⑴ブッシュクラフト

焚き火台とか、ツールをぶら下げたりしたい。

⑵ランプシェードの購入

ランプを吊るしたい。

f:id:file0125:20180618210255p:image

⑶墓ノ木自然公園キャンプ場に行きたい

静かそうだし、川があるし、なにより無料。

わたしは水辺が大好き。

 

・気になっているもの

ファイヤーブラスター。実用性が低く画期的な商品って、萌える。

 

f:id:file0125:20180618205922j:image

 

以上